2013年3月17日(日) 13:30〜15:30頃

ドキュメンタリー映画

「がん・容子の選択」 上映会

※あくまでも渡辺容子さんが選択した治療法であって、会としてすすめるものではありません。


「治療や生き方を選ぶのは自分であり、私ががんで死ぬことも運命なのだ。」
「自分が病気の主人公」という渡辺さんの言葉が心に響く。



★事前予約制★


場所:Mウィング 3-2(松本市中央公民館)
TEL:0263−32−1132
参加費:1000円 (一般・会員とも)  

 詳細はこちら


<参加者の声>
最期まで精神的に元気につらぬいた容子さんの生き方を見せていただき、大変
  力づけられ参考になりました。

意志の強い生き方にすごいなと思った。周りの方々のサポート 絆に感動した。
  最期まで問題意識を持ち、社会とつながっていたところが、素晴らしい。

先月、身近な大切な命との別れが続き、「生きる」ということを見つめ直したいと思
  いました。今一度、「自分らしく最期まで悔いなく生きよう」と再確認させていただき
  ま した。

人生最期を自分でどうするか、ひとつの考えとして見せていただきました。
  最期の苦しさはありますが、いつでも明るく前向きに、人生の付加価値をつけて
  過ご して生きたいと思います。
  容子さんは、すごい気力です。私もしっかり生きたいです。容子さん皆さんに愛さ
  れて幸せだったのかもしれませんね。


主催:NPO法人 ラ・ヴィアン・ローズ

予約・問い合わせ:電話090−4728−2853 事務局



あゆみ 2001年〜2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年