2012年5月20日(日) 13:30〜16:00ごろ 



がん患者の
健康食品(サプリメント)への向きあい方
  


講師

早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構
      客員准教授 
   
大野 智 氏


大野先生からのメッセージ
がん患者さんにとって、健康食品や民間療法(「補完代替医療」と言います)など 非常に興味あることではないでしょうか。しかし、多くの患者さんは、人に勧められるがまま主治医にも相談できず、不安をかかえたまま利用している実態が明らかとなっています。今回、世間に氾濫しているさまざまな補完代替医療と、どのように 向きあっていったらよいのか、一緒に考えてみたいと思います。

※12時30分より平成24年度総会があります。
講師のご紹介
大野 智 先生


1998年 
 島根医科大学(現島根大学医学部)卒業後、同大学第二外科入局。
2002年 
 同大学大学院修了(医学博士)。  

その後、金沢大学、大阪大学、東京女子医科大学消化器非常勤講師を兼任。

2005年より厚労省がん研究助成金研究班にて代替医療の研究に従事。
がん患者への情報提供資料「がんの補完代替医療ガイドブック」の作成や機能性食品の科学的検証(ヒト臨床試験)に取り組む。
主な研究テーマは、腫瘍免疫学、がん免疫療法。


参加者の声
♪サプリメントをすすめられているので、参考になりました。
  見極め方が分かりました。
♪たくさんの健康食品が出回っていますが、「ガンに効く」健康食品があるのか?
  大変興味があって参加しました。
 「ガンに効く」というとすぐに飛びつきたがりますが、「ガンに効く」健康食品はない
 ということがよく分かりました。飲んでいる健康食品を見直す機会となりました。



場 所:Mウィング 3−2(松本市中央公民館)

参加費: 一般 1000円   会員 500円


<事前予約制> 

主催:NPO法人 ラ・ヴィアン・ローズ
予約・問い合わせ:090-4728-2853  重信 または E-mail cat33190@pop21.odn.ne.jp まで