2007年5月19日(土) 13:00〜16:00頃
<医と音楽のコラボレーション>
講演会:
知ってますか?乳がんの標準治療 


一部 講師:波田総合病院副院長  高木 洋行 先生

標準治療とは、その時点でもっとも効果が高いと科学的に証明された治療法の事です。
標準治療を知っていれば、自分の受ける治療法が標準治療なのかどうか、
違う治療法であればどういうメリットがあるのかが分かります。
スイスのザンクトガレンで2年毎に開かれる国際乳癌会議が日本でも標準治療の基準となっています。
2007年は3月に開催されます。その速報を含めて、乳がんの標準治療を勉強しましょう。☆(講師記)


二部 ヴァイオリン演奏  波多野 せい さん

(14:45〜)桐朋学園大学音楽学部及び研究科卒業。
メキシコの『アカデミアユリコクロヌマ』において黒沼ユリ子氏のアシスタントをつとめる。
現在アンサンブルコルディエ(旧東京ゾリステン)代表。☆


場所:松本市大手公民館 大会議室
住所:松本市大手3−8−1
地図
TEL :0263-39-5711
参加費: 一般 1500円  会員 1000円
参加費は 会の運営費(チラシ作成費・会場費 等)に充てさせていただきます。


12:30〜総会があります。
主催:ラ・ヴィアン・ローズ
後援:松本市


参加者の声

入会してから一度も参加できなかったので、勉強したくて参加しました。
とても内容が充実していて、初めて耳にすることばかりで驚いています。
先生がとても丁寧に説明してくださったので有難かったです。

標準治療で自分の期待する治療が受けられるか知りたかったので参加しました。

ヴァイオリン演奏は、肩の力がぬけて涙が出てきました。



あゆみ 2001年〜2004年 2005年 2006年 2007年 2008年